Child

多くの親御様は、お子様の歯並びが気になっておられることかと思います。そもそも歯列矯正は必要なのか、歯列矯正はいつから始めたらいいのかということを考えておられるのではないでしょうか。ここでは、お子様の歯列矯正についてご説明していきます。

歯列矯正は必要?

「歯並びが気になるけど、歯列矯正が必要なのか分からない」とご質問を受けることが多くあります。小児矯正の目的は、永久歯が正しい位置に生えてくるためのスペースづくりと、正しい方向に骨格の成長方向を誘導することです。そのため、スペースが不足している歯並びや骨格の成長方向の影響が出るような噛み合わせ、お子様ご自身が歯並びを気にされているケースなどは、生え変わりの状態などをみさせていただき、矯正治療を行います。

子供の矯正はいつから?

小児矯正は、永久歯に生え変わるまでに行う「一期治療」と永久歯に生え変わってから行う「二期治療」の2段階に分けて治療を行います。一般的に6歳~10歳に治療を開始するケースが多いですが、年齢だけで判断して治療を開始することなく、歯の生え変わりの状態に合わせて治療を開始する時期を決定します。

目立たない小児矯正
インビザラインファースト

インビザラインファーストの特徴

01.磨き残しや虫歯の心配がない

01.磨き残しや虫歯の
心配がない

装置を取り外すことができるので、磨き残しや虫歯の心配はありません。今まで通り、一緒に歯磨きを頑張りましょう。

02.歯型とりが苦手なお子様にオススメ

02.歯型とりが苦手なお子様に
オススメ

デジタルスキャナーをお口の中にかざすだけで、お子様が苦手な「歯型とり」のかわりになりますので、負担を軽減できます。

03.矯正装置のトラブルが少ない

03.矯正装置のトラブルが
少ない

矯正装置が取れてしまうなどのトラブルが少なく、予定外の通院が必要になるなどの患者様への負担を軽減することができます。

04.歯並びを広げる・整える

04.歯並びを広げる・整える

永久歯がスムーズに生えてくるためのスペースをつくるために歯並びのアーチを広げると同時に、歯並びを整えることができます。

インビザラインファーストの
対象となる歯並び

  • 出っ歯出っ歯
  • ガタガタの歯並びガタガタの歯並び
  • 歯並びのアーチが狭い場合歯並びのアーチが
    狭い場合
  • 噛み合わせに問題がでるような歯並び噛み合わせに問題が
    でるような歯並び

親子でマウスピース矯正が
おすすめ

親子でマウスピース矯正がおすすめ

身近な人が、同じように歯列矯正をしておられると嬉しくなるものです。親子間も同様に、一番身近な家族が歯列矯正にチャレンジしていると心強く、お互い励まし合えることでモチベーションを保ちやすくなります。姫路デンタルオフィスでは、親子でマウスピース矯正に取り組まれる患者様をサポートしております。

記事監修者情報:姫路スマイルデンタルオフィス院長 松島 弘晃

国立鹿児島大学歯学部卒業。JIADSペリオコース、JIADSインプラントコース、明石矯正レギュラーコースなどを修了、日本歯周病学会やJIADS Study Club Osakaに所属し、インプラント治療や歯周病治療、歯列矯正の治療技術の研鑽を積む。現在、姫路デンタルオフィスの院長として、マウスピース矯正や美容に特化した治療をおこなう。

姫路スマイルデンタルオフィス HIMEJI SMILE DENTAL OFFICE

〒670-0927 兵庫県姫路市駅前町247 御幸苑ビル4F

〒670-0927
兵庫県姫路市駅前町247 御幸苑ビル4F
Tel:079-283-1116

  日・祝
10:00 - 13:00 × ×
15:00 - 19:00 × ×

▲日・祝のみ14:00~18:00になります。